公営事業者の記事 (1/6)

名古屋市交通局 NN-15

IMG_7323-001_R.jpg
撮影:2016年10月
登録ナンパー:名古屋200か1230
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA272KAM改(05年式)

待機中だった、稲西営業所の96MCノンステップです。
全国的にも貴重な西工製フルフラットノンステップで、04年度に25台購入されています。
ボディはB-Iですが、何と言ってもWB5.3のM尺相当で購入しているところが最大のポイント。ちなみに、M尺相当は名市交の他に自家用で1台存在するのみの貴重品で、B-Iで導入したのは名市交のみとなっています。

通常よりも長いM尺相当で購入しているにも関わらず、なぜか中扉より後ろは4列(通常は5列)しかなく、謎な仕様になっています。
また、UA272の特徴である後部小窓にウィンドシルヘッダがついていますが、かえってイマイチな格好となってしまっている印象です。

名古屋市交通局 NS-303

IMG_7316-001_R.jpg
撮影:2016年10月
登録ナンパー:名古屋200か3620
車体:エルガ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QKG-LV290N1(16年式)

待機中だった、鳴尾営業所の2016年式エルガです。
フロントサボ式のノンステップバス表示で、基幹バスの予備車であることを主張する装備です。 撮影時点ではNS-303/304のみこの形態でした。
2016年度は8月までに22台投入され、全車AMTで鳴尾に配置されています。

名古屋市交通局 NN-36

IMG_7308-001_R.jpg
撮影:2016年10月
登録ナンパー:名古屋200か1254
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA272KAM改(05年式)

待機中だった、野並営業所の96MCノンステップです。
全国的にも貴重な西工製フルフラットノンステップで、04年度に25台購入されています。
ボディはB-Iですが、何と言ってもWB5.3のM尺相当で購入しているところが最大のポイント。ちなみに、M尺相当は名市交の他に自家用で1台存在するのみの貴重品で、B-Iで導入したのは名市交のみとなっています。

通常よりも長いM尺相当で購入しているにも関わらず、なぜか中扉より後ろは4列(通常は5列)しかなく、謎な仕様になっています。
また、UA272の特徴である後部小窓にウィンドシルヘッダがついていますが、かえってイマイチな格好となってしまっている印象です。

名古屋市交通局 NF-11

IMG_7286-001_R.jpg
撮影:2016年10月
登録ナンパー:名古屋200か1955
車体:エアロスター
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KL-MP37JK改(06年式)

待機中だった、鳴尾営業所の2006年式エアロスターです。
UDのUA452系CNG車同様05年以降の規制変更でもCNG車はKL-で販売されました。ただし灯火規制は一括で適用されるため、UA452系同様灯火規制適合仕様のKL-車が登場しています。 名市交の車両は加えてクーラーが三個ファンの重工クーラーを搭載しているのがポイント。
06年に15台が導入され、全車鳴尾配置となっているようです。

北九州市交通局 511

IMG_4850-001_R.jpg
撮影:2016年8月
登録ナンパー:北九州22か2712
車体:日産中型
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:U-JP211NTN(93年式)

待機中だった、若松営業所の1993年式日産中型です。
北九州市営のU-JPは比較的シャシ番が若く、型式認定直後に購入されているものと思われます。 西日本鉄道がB型で導入したのに対し、市営では純正である日産中型ボディで導入していました。