沖縄県のバスの記事 (1/18)

沖縄バス 298

IMG_2151-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か298
車体:エアロスターK
車体メーカー:新呉羽
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:U-MP218K(91年式)
元事業者:川崎市交通局

28番で運用していた1991年式エアロスターKです。ご覧のとおり川崎市営からの中古導入車で、川崎市営ではU-MPから前照灯が角形のものを採用していました。沖縄バスにも多数移籍しており、少数ながらも活躍しています。

那覇バス 967

IMG_2250-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か967
車体:B(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-JP252NAN(00年式)
元事業者:西東京バス

LCCシャトルで運用していた2000年式96MCです。ニッポンレンタカー用に導入された964と同様西東京バスからの中古導入車で、こちらは社名表記などが一切なく真っ白のまま運用されています。

那覇バス 900

IMG_2149-001_R_201410162040348dc.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か900
車体:ニューエアロスター
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KC-MP747K(99年式)
元事業者:京浜急行

14番で運用していた1999年式ニューエアロスター(ノンステップ)です。京浜急行からの中古導入車で、京急時代の車番はF6947で[横浜200か3114](2010年に大森から転属[品川200か184])です。

那覇バス 1347

IMG_2235-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄230あ1347
車体:ユニバース
車体メーカー:ヒュンダイ
シャーシメーカー:同上
型式:LDG-RD00(13年式)

貸切で待機していた2013年式ユニバースです。2013年から2014年にかけて沖縄大手3車で輸入車の導入が行われており、琉球バス交通と那覇バスがヒュンダイ 東陽バスが太陽旅行車向けに大宇バスを導入しています。

那覇バス 374

IMG_2135-001_R_2014101620403264c.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か374
車体:B-Ⅱ(58MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:U-LV318K(92年式)
元事業者:阪急バス

46番で運用していた1992年式58MCです。以前は琉球バス交通や東陽バスがP-HTの58MCを多数所有していたため、比較的よくることのできた58MCですが、現在では唯一の個体となってしまいました。
この個体は阪急バスからの中古導入車で、阪急時代の車番は92-516で[神戸22か5057]でした。