2014年05月の記事 (1/1)

西武バス A3-954

IMG_8443-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:多摩200か757
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452MAN(03年式)

路線で運用していた滝山営業所の2003年式96MCワンステップです。 クーラーがデンソーの新型となっています。

ドリーム観光 540

IMG_9209-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:札幌200あ540
車体:エアロミディMJ
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KC-MJ629F改(推定)

貸切で運用していたドリーム観光のエアロミディMJです。改造扱いのホイールベース延長車です。

西武バス A3-935

IMG_8439-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:多摩200か727
車体:B-I(96MC Nタイプ)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA272KAM改(03年式)

路線で運用していた滝山営業所の2003年式96MC Nタイプです。多区間仕様でネプチューンの放送機器を搭載。中扉のスロープは引出式です。
(2014年6月中旬に除籍されました。)

同車は4月下旬に滝山営業所西原車庫から滝山営業所へと転属になっており、過去の例からみても廃車となる日が近いということがわかります。A3-935以外にもA3-841 A3-897 A3-933 A3-934 A3-936 A3-937 A3-938がそれぞれ西原車庫から滝山に戻っています。

西武バス A3-408

IMG_8434-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:多摩200か2528
車体:エルガ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QQG-LV234L3(13年式)

路線で運用していた滝山営業所の2003年式ERGA HYBRIDです。上石神井営業所に続き導入された車両です。上石神井とは違い比較的狙うのが難しいと言われているようですが、主に武21で運用されています。

西武バス A3-912

IMG_8428-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:多摩200か660
車体:B-I(96MC Nタイプ)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA272KAM改(03年式)

路線で運用していた小平営業所の2003年式96MC Nタイプです。多区間仕様でクラリオンの放送機器を搭載しています。中扉のスロープは引出式です。
(2014年6月上旬に除籍されました。)

西武バスでは導入当初レオマークをつけていた車については車体更生工事時にマークが撤去されNon-Step Busの表記が中央へと移動していますが、A3-912はなぜかレオマークが撤去されたにも関わらず移動されませんでした。
IMG_8426_R.jpg

西武バス A3-886

IMG_8416-002_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:多摩200か562
車体:17型E(新7E)
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA272KAM(03年式)

回送中だった小平営業所の2003年式新7Eノンステップです。小平営業所にはA3-885/886の2台が在籍しています。5月10日に滝山から新座に転属し運用していたA2-784が除籍されたため、西武バスの富士ボディは残り4台 ノンステップでは残り3台となりました。

西武バス A3-913

IMG_8413-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:多摩200か727
車体:B-I(96MC Nタイプ)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA272KAM改(03年式)

路線で運用していた小平営業所の2003年式96MC Nタイプです。多区間仕様でクラリオンの放送機器を搭載しています。中扉のスロープは引出式です。
(2014年6月上旬に除籍されました。)

Nタイプボデーは、富士重工のバスボデー撤退によりフルフラットノンステップのKL-UA272系も新7Eから西日本車体工業へと切り替えられることとなり、2003年から製造されたUA272系の専用ボデーです。しかしその後、Gタイプ(ワンステップベースのノンステップバス)へと切り替える事業者が増え、結果的にNタイプを導入した事業者はわずかとなってしまいました。西武バスでは京都市交通局に続き、Nタイプを導入した東日本唯一の事業者で、名古屋市営より東のエリアでは北海道を含め西武バス以外に所有する事業者はありません。

また、西武バスでは、富士ボディのUA272 いすゞのLV834同様前中間ノンステップとして導入しているため、中扉より後ろは1段あがっています。この仕様を採用した他の事業者は神戸市交通局のみとなっています。

西武バス A3-653

IMG_8410-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:多摩200か2621
車体:エアロスター
車体メーカー:MFBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:QKG-MP37FKF(13年式)

路線で運用していた小平営業所の2013年式エアロスターノンステップです。

西武バス A4-979

IMG_8392-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:多摩200か856
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452KAN改(04年式)

路線で運用していた小平営業所の2004年式96MCです。
国土交通省標準仕様に準拠した仕様です。このグループあたりから中扉のスロープが手動引出式から可搬式へと本格的に変更されました。新製配置は小平で多区間仕様となっており、放送機器はクラリオンを搭載しています。

横浜市営バス 3-4003

IMG_7786-002_R.jpg
撮影:2014年3月
登録ナンバー:横浜22か8204
車体名:モナコ
車体メーカー:ヨンケーレ(JONCKHEERE)
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:不明(RG620VBN)94年式

横浜市交通局が主催する「二階建てバスミステリーツアー」に参加してきました。画像はミステリーツアーで使用された保土ヶ谷営業所の1994年式ヨンケーレ モナコです。
同車は日産ディーゼル製のシャーシとエンジンをベルギーのヨンケーレ社に輸出。車体を架装して逆輸入する形式で導入されました。当日参加者に配布された「参加者のしおり」によると1993年度の予算で購入したもののようです。 そのため、初度登録が平成6年5月となっていますが、3-代の番号が振られています。
逆輸入のため車検証等では型式不明となっています。また、同車は横浜市営が保有する最後の[横浜22]ナンバーです。
「参加者のしおり」によると前面に付けられているのは局紋ではなく市章の「ハマ菱」というものだそうです。

このヨンケーレは1984年に運行を開始した観光路線バス「ブルーライン」の2代目車両として3-4001~3-4003が滝頭営業所に導入されました。その後「ベイサイドライン」名称が変更され2008年11月まで活躍し、後の路線改編で2台が廃車となり他の事業者へと譲渡、3-4003のみが残ったものの現在では予備車となり保土ヶ谷営業所に所属しています。

ツアー当日は天気に恵まれず途中の立ち寄り場であった鶴見の営業所では雨が横降りとなるほどの強風に見舞われ外にいるのも一苦労な状況となってしまいました。そんな中で最後の最後に順光型式写真を撮れたのは本当に奇跡であるとしか言いようがありませんでした。

西武バス A3-899

IMG_7623-001_R.jpg
撮影:2014年3月
登録ナンバー:多摩200か637
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452MAN(03年式)

路線で運用していた立川営業所の2003年式96MCワンステップです。
旧型のデンソークーラーを搭載した多区間仕様です。新製配置は立川で放送機器はクラリオンを搭載しています。

これまで、当ブログをご覧になられた方ならお気づきかと思いますが、この車は前面LEDの左右が2色塗りとなっています。
おでこ-002_R
左が本記事で紹介しているA3-899で右はA4-41です。※どちらもKL-UA452MAN

この塗装パターンは西武バスが導入した西工車体の初期車に見られる形態で、西武が初めて西工車として導入したA2-814からA3-911まででA3-904~A3-909を除いた18台とA3-915と元A3-916の1306の2台を加えた計20台のみとなっています。さらにこの20台から10個ほどに分類することができますが、撮影出来次第改めて紹介するつもりです。
また、A3-904は入間市福祉センター線のRNのため笹カラーではありませんが、A3-905~A3-909がなぜ1色塗りになっているのかは不明です。 試験塗装のつもりだったのかもしれませんね。

西武バス A4-966

IMG_7623-001_R.jpg
撮影:2014年3月
登録ナンバー:多摩200か871
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452KAN改(04年式)

路線で運用していた立川営業所の2004年式96MCです。
A4-7/8などとと同じ多区間仕様車でデンソーを搭載しています。放送機器はクラリオンで、可搬式スロープを車内に搭載しています。

西武バス A4-7

IMG_7613-001_R_201611081707384cc.jpg
撮影:2014年3月
登録ナンバー:多摩200か915
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452KAN改(04年式)

路線で運用していた立川営業所の2004年式96MCです。

西武バス A4-8

IMG_7610-001_R_20161108170736746.jpg
撮影:2014年3月
登録ナンバー:多摩200か915
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452KAN改(04年式)

路線で運用していた立川営業所の2004年式96MCです。
デンソーの新型コンデンサーを搭載。放送機器はクラリオンです。

西武バス A1-585

IMG_7607-001_R_20161108170735ccc.jpg
撮影:2014年3月
登録ナンバー:多摩200か2373
車体:エアロスター
車体メーカー:MFBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:LKG-MP35FMF(11年式)

路線で運用していた立川営業所の2011年式エアロスターワンステップです。
用途外車として新座に新製配置され[所沢200か1528]で登録されていました。

立川バス J919

IMG_7602-001_R_201611081707332ea.jpg
撮影:2014年3月
登録ナンバー:多摩200か319
車体名:エアロスター
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KL-MP37JK(01年式)

路線で運用していた、上水営業所のエアロスターノンステップです。
型式自体は尺の違いを除いてJ915 J916と同じですがクーラーの形状が変更されています。中扉がグライドスライドドアなのも特徴です。いつ頃からなのはわかりませんが、長らく警視庁の交通安全ラッピングがされているようです。

西武バス A4-697

IMG_7598-001_R_20161030092950455.jpg
撮影:2014年3月
登録ナンバー:多摩200か2641
車体:エアロスター
車体メーカー:MFBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:QKG-MP37FKF(14年式)

路線で運用していた、立川営業所の2014年式エアロスターです。
座席配置は標準仕様。