2014年08月の記事 (1/1)

琉球バス交通 2079

IMG_1646-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖22か2079
車体:ブルーリボン
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:P-HT235BA(87年式)
元事業者:琉球バス←米軍スクールバス

27番で運用していた1987年式ブルーリボンです。台数が減り、なかなか目にすることのなくなってきている[沖22]ナンバーをつけたブルーリボンです。元米軍スクールバスといえば白とオレンジに青い帯のオリジナルカラーですが、過去に板金修理を受けた際、何らかの理由で琉球バスカラーとなったようです。元横浜市営のP-HTが廃車となった現在、このカラーリングを纏ったP-HTはこの1台のみとなってましいました。

琉球バス交通 348

IMG_1610-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄22き348
車体:R15型HD1(HD-Ⅰ)
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:日野自動車
型式:U-RU2FTAB(91年式)
元事業者:琉球バス

貸切で待機していた1991年式HD-Ⅰです。琉球バスに在籍するHD-Ⅰは全て日野シャーシを採用しており、前方がサンダーカット風に塗装されています。数が減り、あまり目にすることのなくなったR3に対してこちらはまだまだ第一線という感じの印象でした。

那覇バス 964

IMG_1595-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か964
車体:B(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-JP252NAN(00年式)
元事業者:西東京バス

ニッポンレンタカーの送迎車として運用していた、2000年式96MCです。ご覧のとおり、西東京バスからの中古導入車です。路線では使わないため、前扉上の蛍光灯とカーテンを設置しただけで西東京時代の姿を色濃く残しています。そのため、車外スピーカーが前扉後方に設置されておらず、沖縄らしからぬ仕様となっています。

東陽バス 221

IMG_1592-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄22き221
車体:ブルーリボンGJ
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:P-RU638BB(90年式)

貸切で待機していた1990年式ブルーリボングランジェットです。同社では現在4台の同型車が在籍していますが、うち3台がインバウンドツアー専用車となっているため、最後のオリジナルカラー車です。

中部観光 5316

IMG_1589-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄230あ5316
車体:セレガR FS
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KL-RU4FPEA(00年式)
元事業者:平田観光

貸切で待機していた、2000年式セレガR FSです。バス事業を廃止した平田バスこと平田観光からの中古導入車でナンバーはそのままに移籍しています。

琉球バス交通 257(200か257)

IMG_1324-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か257
車体:ブルーリボン
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:U-HU2MLAA(91年式)
元事業者:琉球バス←神戸市交通局

99番で運用していた1991年式ブルーリボンです。神戸市交通局からの中古導入車で、ご覧のとおり前面と前フェンダー周りを白に塗りつぶしただけの簡略塗装となっています。2013年11月に撮影した際は側面に広告が入っていましたが、それがなくなっており、綺麗な姿で捉えることができました。

余談ですが、琉球バス交通には257が[沖縄22き257]と本稿の[沖縄200か257]で2台存在しています。(どちらも掲載済み)

那覇バス 239

IMG_0765-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄22き239
車体:キュービック
車体メーカー:IKC
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:P-LV314L改(90年式)
元事業者:那覇交通

5番で運用していた1990年式キュービックです。過去にはまとまった数で在籍していたP-LVも現在ではオリジナルが2台川崎鶴見臨港バスからの中古導入車が2台の計4台まで減少しているようです。那覇交通からの譲渡でオリジナルのものは直結クーラーで4枚折戸なのが特徴です。

沖縄バス 252

IMG_0756-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か252
車体:エアロスターK
車体メーカー:新呉羽
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:P-MP218M(89年式)
元事業者:京阪バス

28番で運用していた1989年式エアロスターKです。京阪バスからの中古導入車で、5台導入されましたが現在では4台に減少しています。後ろ扉はステップ埋め込みで座席が設置されています。

西武バス A2-787

IMG_2589-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:所沢200か353
車体:エルガ Type-B
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV834L1(02年式)

駐車中だった川越営業所の2002年式エルガType-Bです。同時期のZFトルコンATを搭載したUA272はほぼ全滅状態ですが、エルガ Type-BのA2-代はそれなりに数が残っており、全体としては比較的よく目にする車だと思います。現在、狭山、川越、大宮に在籍しています。

カリー観光 759

IMG_0751-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か759
車体:エアロクーンⅠ
車体メーカー:三菱自動車
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:U-MS826P(95年式)
元事業者:淡路交通

貸切で運用していた1995年式エアロクイーンⅠです。淡路交通の中扉車の中扉が埋められているもので、中扉があったところはトランクとなっており、2スパン確保しています。方向幕が設置されていたところは窓ガラスに変わっているため、変則的な窓割りとなっているのが特徴です。ステップがあったところは埋められており、座席が設置されています。

琉球バス交通 429

IMG_0719-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か429
車体:ブルーリボン
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:U-HT2MMAA(92年式)
元事業者:琉球バス←京阪バス

56番で運用していた1992年式ブルーリボンです。京阪バスからの中古導入車で、前後扉となっています。後ろ扉は使われておらず、扉前方がスポット溶接で固定されています。ステップは埋められており、座席が設置されているようです。

沖縄バス 99

IMG_0716-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄22き99
車体:エアロバスK
車体メーカー:新呉羽
シャーシメーカー:三菱
型式:P-MS715N(89年式)

貸切で運用していた1998年式エアロバスKです。短尺を選択しているところが沖縄らしいところです。まだまだ第一線で活躍している観光バスで沖縄本島の各観光名所等で見ることができます。

那覇バス 1333

IMG_0696-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄230あ1333
車体:ブルーリボンⅡ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QPG-KV234L3(13年式)

6番で運用していた2013年式ブルーリボンⅡです。1台の導入費のうち80%が補助金で賄われていると巷で噂になっていますが、沖縄県がバリアフリー化の一環として補助金をだし県内の路線バス事業者にノンステップバスの導入を促しています。同じように沖縄バス 琉球バス交通 東運輸(石垣島)がそれぞれノンステップバスを導入しています。この取り組みは2012年からスタートしており、*5年で300台を目標としているようです。

*https://www.watta-bus.com/about/non_step_bus.php

琉球バス交通 757

IMG_0691-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か757
車体:レインボーRR
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KC-RR1JJAA(98年式)
元事業者:名古屋市交通局

20番で運用していた1998年式レインボーRRです。名古屋市交通局からの中古導入車でフロントに元車番の表記が残っているなど、名古屋市時代の姿を色濃く残しています。 フロントにある車番から中川営業所MH-10[名古屋22か7760]だったことがわかります。

沖縄バス 734

IMG_0683-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か734
車体:エアロスター
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KC-MP717M(98年式)
元事業者:横浜市交通局

77番で運用していた1998年式のエアロスター(ワンステップ)です。横浜市からの中古導入車でMP747系に搭載されているタイプの重工クーラーが搭載されています。

那覇バス 567

IMG_0679-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か567
車体:17型E(7E)
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:U-LV324L(94年式)
元事業者:京浜急行

46番で運用していた1994年式の7E+いすゞです。京浜急行からの中古導入車です。

那覇バス 7811

IMG_0678-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄230あ7811
車体:レインボーHR
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KK-HR1JKEE(01年式)
元事業者:元東急バス

4番で運用していた2001年式レインボーHR(観光マスク)です。東急バスからの中古導入車で瀬田営業所のS229[品川200か423]で活躍していました。

那覇バス 832

IMG_0674-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か832
車体:17型E(7E)
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KC-UA460LSN(98年式)
元事業者:京浜急行

25番で運用していた1998年式7E(ツーステップ)です。京浜急行からの中古導入車で追浜営業所のA8845[横浜200か‥55]だったようです。

沖縄バス 709

IMG_0670-001_R.jpg
撮影:2014年8月
登録ナンバー:沖縄200か709
車体:エアロスター
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KC-MP317M(97年式)
元事業者:京浜急行

27番で運用していた沖縄バスの1997年式エアロスター(ワンステップ)です。京浜急行からの中古導入車です。京急車の特徴である前面表示機右側の運賃支払い方式表示は撤去されています。またカーテン設置の代わりにブルーフィルムが貼られています。

東京都交通局 W-L635

IMG_0528-001_R.jpg
撮影:2014年7月
登録ナンバー:八王子200か1561
車体:レインボーHR
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KL-HR1JNEE(03年式)

路線で運用していた、青梅営業所の2003年式レインボーHRです。この日は祝日だったため日章旗を掲出していました。

西武バス A5-101

IMG_0526-001_R.jpg
撮影:2014年7月
登録ナンバー:多摩200か1188
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452KAN改(5年式)

路線で運用していた立川営業所の2005年式96MCです。

CTSAP MB-19C

IMG_0479-001_R.jpg
IMG_0503-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:無し
車体:ブルーリボンⅡ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:LKG-KV234Q3(12年式)

新千歳空港でランプバスを担当するCTSAPの2012年式ブルーリボンⅡワンステップです。LV832とは対照的にこちらは調べれば画像がでてくる程度には有名な車です。ご覧のとおり非公式面に四枚折戸が設置されています。保安上の理由で全ての扉を同時に開いて乗降させることはないようです。 ちなみにこのタイプはMB-17B MB-19C MB-20Cの3台ですが、MB-17Cのみサーモキング製のクーラーを搭載しています。

CTSAP MB-11C

IMG_0468-001_R_20160715211053ebc.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:なし(構内ナンバー)
車体:キュービック
車体メーカー:いすゞ自動車
シャーシメーカー:IBUS
型式:LV832L(98年式[推定])
備考:元サンプルカー? 敷地外から撮影

新千歳空港内でANAなどのランプバスを担当するCTSAPのLV832Lです。窓上の形状から大臣認定の排ガス規制記号なしであることがわかります。 後部ルーバーの有無以外は那覇空港クラウドサービスの同型車で元サンプルカーの個体と仕様が酷似していることから、こちらもサンプルカーである可能性が考えられます。
那覇空港は海沿いでこちらは雪国と、どちらも腐食しやすい環境ですが那覇空港にいる個体のほうが綺麗に保たれており、塩カルによる腐食の激しさが伺えます。

クーラーはゼクセルで、那覇空港の個体と同じく5個ファンです。スピーカーは前ドア後ろにクラリオンが1つ 中扉に電動スロープを備えています。

千歳相互観光 3523

IMG_0427-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:札幌200か3523
車体:セレガR・FC
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KL-RU1JHEA(-年式)

回送中だった千歳相互観光のセレガR・FCです。2013年に中古で導入された車両です。セレガR・FCとしては珍しく前扉が折戸となっています。クーラーは直結でトランクを2スパン確保しています。またほぼ同時期に折戸ではないセレガR・FCも導入されています。

千歳相互観光 375

IMG_0422-001_R.jpg
撮影:2014年5月
登録ナンバー:札幌200あ375
車体:リエッセ
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KC-RX4JFAA[推定](-年式)

スタッフ輸送で運用していた千歳相互観光のリエッセです。写真では写りませんでしたが、同車もバンパー下にブルーのHIDが設置されています。