2016年03月の記事 (1/1)

近藤自動車(ハート観光バス) 1558

IMG_8391-001_R.jpg
撮影:2016年3月
登録ナンパー:所沢200か1558
車体:日産中型(超デラ)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KK-JM252GAN(-年式)

貸切で運用していた、ハート観光こと近藤自動車の日産中型(超デラ)です。
KK-規制のJMは大変貴重なクルマで、KC-からバンパーの形状が変更され、KC-JMとは違った顔となりました。クーラーはサブエンジン式を搭載しています。

この類のクルマは日デKL-RPや三菱KK-MMなどの大型ショートに食われ、日野KK-CHなどとともに生産中止となり消滅しました。またKK-CHなどとは異なり、KK-JMはそのほとんどが自家用車での導入となっているため、営業ナンバーをつけて現在も運用されている個体はごく少数で、このクルマも以前から存在は知っていたものの、運用に出ているのをこの時初めて目にしました。

京王バス南 M40506

IMG_8323-001_R_20160315163432131.jpg
撮影:2016年3月
登録ナンパー:八王子200か800
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452KAN改(05年式)

路線で運用していた、南大沢営業所の2005年式96MCノンステップです。CNG車を除きコーナリングランプは装備されていませんでしたが、05年式からコーナリングランプのみ装備されるようになり、何もなかったクリームの部分に1つ部品が増えました。これ06年以降は灯火規制の関係でパンパーの形状が変更されたため、2005年車のみの特徴となりました。

京王バス南 M40287

IMG_8316-001_R_2016031516343104f.jpg
撮影:2016年3月
登録ナンパー:八王子200か457
車体:B(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-JP252NAN改(02年式)

路線で運用していた、南大沢営業所の2002年式96MCノンステップです。下欄の03年車と違いミラーステーの形状が変更される前のもので、形状変更車より下に設置されています。

京王バス南 M40381

IMG_8306-001_R.jpg
撮影:2016年3月
登録ナンパー:八王子200か594
車体:B(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-JP252NAN改(03年式)

路線で運用していた、南大沢営業所の2003年式96MCノンステップです。03年式の途中からミラーステーの形状が西工標準のものに改められ、設置位置がすこし上に移動しています。その関係で清掃用手すりも若干上げられており、以前とは違う印象になっています。

平成エンタープライズ 932

IMG_8078-001_R.jpg
撮影:2016年2月
登録ナンパー:熊谷200か932
車体:エアロミディ
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:U-MK218K(95年式)
備考:元神奈川中央交通

イオンモール春日部線で運用していた、加須営業所の1995年式エアロミディです。導入時には緑一色にお決まりのハイビスカスというカラーで、モラージュ菖蒲で使われていましたが、何時頃からかイオンモールのラッピングになりました。最近になり他車同様フロントのみ再塗装され青い文字でFantastic storyが入れられています。

ビーエム観光 186

IMG_7903-001_R.jpg
撮影:2016年2月
登録ナンパー:熊谷200か186
車体:R17型E
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:U-LV318N(92年式)
備考:元自家用

スクールで運用していた、1992年式7Eです。元は大学自家用で、経路上に長い勾配があったことから高出力、そしてスムーズな乗降ができるよう3扉が選択されています。同車は元々非冷房車であったためベンチレータと換気扇がそれぞれ2つ設けてありますが、ポンチョなどで使用されているタイプのクーラーを使い冷房改造されています。フロントとドア上にISUZUの文字が、車体裾にFHIのマークが入っておりとてもいいアクセントになっていますね。

ビーエム観光 1236

IMG_7888-001_R.jpg
撮影:2016年2月
登録ナンパー:熊谷200か1236
車体:R17型E(7E
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KC-UA460NAN(98年式)
備考:元サンプルカー

スクールで運用していた、1998年式7Eです。以前は板橋でスクールに使われており、[練馬200か1831]で登録されていました。屋根上ベンチレータの配置でお分かりの通り元はサンプルカーのようです。

ビーエム観光 1296

IMG_7874-001_R.jpg
撮影:2016年2月
登録ナンパー:熊谷200か1296
車体:エアロスター
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KL-MP35JM(02年式)
備考:元中日臨海バス

スクールで運用していた、2002年式エアロスターツーステップです。 特徴的な仕様から中日臨海バスとわかります。元のナンバーは[品川230う7023]です。

西武バス A3-946

IMG_7760-001_R.jpg
撮影:2016年2月
登録ナンパー:所沢200か590
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280L1改(03年式)

路線で運用していた、川越営業所の2003年式エルガノンステップです。車体更生時にラッピングだったことからレオマークが残っている車両で、エルガではA3-946の他A4-14がありますが、A4-14は前ドア上の西武バス表記がありません。 また、大宮に在籍していて、現在は西武総合企画に移籍している元A3-943も同様にレオマークがついており、フロントのNonStep Busの表記が右に寄っていましたが、レオマークは撤去された模様です。

東武バスウエスト 9792

IMG_7641-001_R.jpg
撮影:2016年2月
登録ナンパー:大宮200か1188
車体:ブルーリボンII
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-KV280L1改(05年式)

路線で運用していた、大宮営業所の2005年式ブルーリボンIIです。

東京都交通局 H314

IMG_7490-001_R.jpg
撮影:2016年2月
登録ナンパー:足立200か443
車体:B(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-JP252NAN改(01年式)

陽20で運用していた、江東営業所の2001年式96MCノンステップです。中扉の戸袋窓が接着窓になっているのが最大の特徴ですが、これは都営だけの特別仕様で、他には例がありません。
クーラーはゼクセルでスピーカーはクラリオンですが、K代ではデンソーに変わり、リアバンパーが太いものに変更されたため、H代のみの仕様となりました。
2016年2月に江東営業所と青砥支所の同型車が退役し、H代のJPは全車退役、特徴的な仕様であるため、地方に移籍した元都営のJPは容易に判別することができます。

東京都交通局 L647

IMG_7469-001_R.jpg
撮影:2016年2月
登録ナンパー:足立200か1845
車体:レインボーHR
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KL-HR1JNEE(03年式)

錦22で運用していた、臨海支所の2003年式レインボーHRです。

北港観光バス 1841

IMG_7428-001_R.jpg
撮影:2016年1月
登録ナンパー:なにわ200か1841
車体:B(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:PDG-*P820NAN改(09年式[推定])


スクールで運用していた、2009年式と思われる96MCです。
KC-JPから各規制ごとにJPを購入していた北港観光ですが、その全てがワンステ四折でこのクルマもその流れを汲んだものといえるでしょう。同校ではPK-JPも運用されているはずですが、撮影時には見かけませんでした。
仕様はワンステ四折でPDG-JPとしてはとても珍しい仕様です。側面窓はT字窓で、クーラーはサーモキングです。

2016年10月1日:文章改訂

プリンセスライン 2480

IMG_7287-001_R.jpg
撮影:2016年1月
登録ナンパー:京都200か2480
車体:R17型E(7E)
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:UA460MAN改(98年式)
備考:元神戸交通振興←神戸市交通局

京都駅八条口線で運用していたプリンセスラインこと京都急行の1998年式7Eノンステップです。元は神戸市交通局垂水営業所の配置で垂783[神戸200か96]でした。その後神戸交通振興に転籍し登録そのままで693号車となり、一ヶ月ほどで除籍されたようです。 同型がもう1台とブルーリボンノンステップの3ドアが同じく2台在籍しています。

京都市交通局 94

IMG_7270-001_R.jpg
撮影:2016年1月
登録ナンパー:京都200か94
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KC-LV832N(01年式)

50号系統で運用していた、九条京阪の2001年式96MCです。KBS京都からの寄贈車で、KC-LV832に架装した数少ない車両です。中でも94号車はN尺であり、大阪市交通局の車両が既に廃車になっているため、唯一のKC-LV832N架装車となります。前扉の黄色い部分は電動スロープです。