2016年07月の記事 (1/1)

川崎市交通局 S-3408

IMG_2633-001_R.jpg
撮影:2016年7月
登録ナンパー:川崎200か1096
車体:ブルーリボンII
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PKG-KV234L2(10年式)

路線で運用していた、塩浜営業所の2010年式日野ブルーリボンIIです。
こちらもS-3407同様、市のマスコットである「かわさきノルフィン」とハローキティのコラボラッピングでこちらは青バージョンです。ピンクと青ではデザインが異なっており、音楽をあしらったデザインなのに対し、青はキャラクターがジョギング サッカー バレーボールしている様が描かれています。(非公式側は未確認) 前面のデザインは全く同じです。 撮影時点では交通局のほぼ全てのクルマに参院選の前掛けが取り付けられていましたが、このキティラッピングと一部の広告車にはついていませんでした。

スピーカーはネプチューンでスロープは可搬式です。

川崎市交通局 S-3407

IMG_2577-001_R.jpg
撮影:2016年7月
登録ナンパー:川崎200か1091
車体:ブルーリボンII
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PKG-KV234L2(10年式)

回送中だった、塩浜営業所の2010年式日野ブルーリボンIIです。
市のマスコットである「かわさきノルフィン」とハローキティのコラボラッピングで車体にはノルフィン×HELLO KITTYと書かれています。車体前面は局紋の替わりにキティちゃんのリボンがあしらわれており、表示器左側にはキティちゃんのステッカーが張られています。また、LEDに専用のROMが入れられているようで、写真のように回送車表示ではキャラクターが表示されるようになっています。更にラッピングの色に合わせてホイールが塗られており、交通局の気合を感じますね笑 ちなみに2色存在していて、青い方もホイールは青に塗られています。
スピーカーはネプチューンでスロープは可搬式です。

関東自動車 738

IMG_2434-001_R.jpg
撮影:2016年7月
登録ナンパー:野田200か738
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:PDG-RA273MAN(09年式)
備考:元埼玉県内自家用

回送中だった、千葉営業所の2008年式96MCツーステップです。
2015年末と2016年初頭に同型車が計4台入っており、そのうちの2台は別の営業所でリフト付スクールバス用として使用されています。これらはいずれも、元埼玉県内自家用ですべて2ナンバー登録でした。側面及び後部には最初から表示器類はついておらず、前ドアに鍵が装備されていたり、フロントガラス上部が着色されているなど、いかにも自家用車といったところ。シートモケットの色は元ユーザー仕様で、クラリオンのスピーカーが中扉前についています。

川崎鶴見臨港バス 2A341

IMG_2317-001_R.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:川崎200か870
車体:ブルーリボンシティ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:日野自動車
型式:BJG-HU8JLFP(07年式)

路線で運用していた、塩浜営業所の2007年式ブルーリボンシティ・ハイブリッドです。

川崎市交通局 S-4430

IMG_2315-001_R.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:川崎200か232
車体:R17型E(新7E)
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452PAN改(02年式)

路線で運用していた、塩浜営業所の2002年式新7Eノンステップです。新7Eでは1台のみ投入されたP尺で、本州唯一の存在であることは有名ですね。

川崎鶴見臨港バス 1A234

IMG_2302-001_R.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:川崎200か382
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LT233J2(04年式)

路線で運用していた、塩浜営業所の2004年式エルガです。キュービックから続くLTの最終型で、関東で複数導入したのは臨港と京急の二社程度で、ほとんど神奈川県外ではほとんど見る機会はありません。 京急では代替が進み、数台が地方に転出しており、日立電鉄などでも見かけるようになりました。
大型のLV280とは違いこちらはデンソークーラーが選択されています。

川崎鶴見臨港バス 1A203

IMG_2294-001_R.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:川崎200か1381
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280L1改(03年式)

路線で運用していた、塩浜営業所の2003年式エルガノンステップです。こちらもやはり新製配置は鶴見で、[横浜200か1374]で登録、2013年に塩浜へ転属となり現在の登録ナンバーとなったようです。
年式の違いによる仕様差として、03年式では中扉のスロープが手動引出式から可搬式へと変更されています。
ヘッドライトはご覧のとおり一部がHID化されているとわかります。

川崎鶴見臨港バス 1A169

IMG_2257-001_R.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:川崎200か1535
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280L1改(02年式)

路線で運用していた、塩浜営業所の2002年式エルガノンステップです。 新製配置は鶴見で[横浜200か989]で登録され、2015年9月に塩浜へ転属し現在の登録ナンバーとなったようです。 経年車であるためか、ヘッドライトのHID化は行われていません。
スロープは手動引出式を装備

川崎鶴見臨港バス 3032

IMG_2235-001_R_20160707003344393.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:川崎200か1040
車体:エルガ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PKG-LV234Q2(09年式)

路線で運用していた、神明町営業所の2009年式エルガワンステップです。 長尺ワンステのワンロマ車で前ドア後ろの窓が接着窓、中ドア後ろの窓が固定窓でそれぞれ表示器を設けています。日中は快速バスなどでよく見かけます。

川崎鶴見臨港バス 2A553

IMG_2225-001_R_20160707003342e18.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:川崎200か1582
車体:ブルーリボン
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:日野自動車
型式:QDG-KV290Q1(16年式)

路線で運用していた、塩浜営業所の2016年式ブルーリボンです。新型でも角形ベンチレータは継承され、既存車同様前後に2つ設置されています。

東武バスウエスト 9888

IMG_1681-001_R.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:大宮200か1631
車体:ブルーリボンシティハイブリッド
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:日野自動車
型式:BJG-HU8JLFP(07年式)

路線で運用していた、上尾営業所の2007年式ブルーリボンシティハイブリッドです。KL-HUと同じく前扉の右側には手すりが設けられています。
スピーカーはクラリオンで中扉には手動式引出スロープを備えています。

東武バスウエスト 2673

IMG_1407-001_R.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:所沢200か726
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280N1改(04年式)

路線で運用していた、坂戸営業所の2004年式エルガノンステップCNGです。こちらはデンソークーラーを搭載しています。
スピーカーはクラリオンで中扉に手動式引出スロープを備えています。

東武バスウエスト 2594

IMG_1354-001_R.jpg
撮影:2016年6月
登録ナンパー:所沢200か476
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280N1改(03年式)

路線で運用していた、坂戸営業所の2003年式エルガノンステップCNGです。筆者は東武バスといえばデンソーのイメージが強いのですが、ゼクセルはやはり少数派なのでしょうか??
ただやはりCNGエルガといえばゼクセルクーラーという感じでこちらのほうが違和感なく収まっています。
スピーカーは前後ともクラリオンで中扉に手動引出スロープを備えています。

日野自動車 ブルーリボンハイブリッド

IMG_1111-001_R.jpg
撮影:2016年5月
登録ナンパー:八王子200は***0
車体:ブルーリボン
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:日野自動車
型式:QSG-HL2ANAP(15年式)
備考:サンプルカー

2016バステックフォーラムで撮影した日野ブルーリボンハイブリッドです。
2015年9月ブルーリボンシティハイブリッドに変わり新たな日野のハイブリッドバスとして販売が開始された新型ブルーリボンハイブリッドです。それまでJBUS小松でオリジナル車体としてブルーリボンシティを販売していましたが、モデルチェンジに合わせエルガと同じJBUS宇都宮で製造されるボディに統合されました。
バッテリーがそれまでのニッケル水素電池から、リチウムイオン電池に変更されており、薄型化しています。これは東京都交通局S-Z500/501 東急バスのM1419などで実証実験によって実用化したものと考えられます。
バッテリーが薄型化したことにより全高が抑えられている他、クーラーとほぼ同じ高さのため見栄えもよくともていい印象を受けました。

ブルーリボンハイブリッドのサンプルカーは数台確認されており、識別できるように登録番号の下一桁だけ残して掲載しています。
当日は試乗デモカーとして会場を走行していました。また、展示スペースには阪急バス西宮のブルーリボンハイブリッドが展示されていました。

いすゞ自動車 ERGA

IMG_1107-001_R.jpg
撮影:2016年5月
登録ナンパー:湘南200は***3
車体:エルガ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QDG-LV290N1(15年式)
備考:自家用

2016バステックフォーラムで撮影した、新型エルガです。リアのシールを確認し忘れたので排ガス記号は推定になります。
2015年8月に発表となり、15年ぶりにフルモデルチェンジとなったエルガ。前ドアが折戸のみとなり、L尺がなくなりました。また、従来のエルガよりも中扉が後方に移動しており、ガードレールや縁石が切られた停留場等では位置が合わないのではないかというのが個人的な印象です。
また、MTが廃止になり、クラッチの操作がいらないAMTまたはATのみの設定になりました。その他スロープが標準で反転式となった他様々なところで改良が見られます。
当日は試乗デモカーとして会場内を走行していました。

三菱ふそう ローザ4WD

IMG_1091-001_R.jpg
撮影:2016年5月
登録ナンパー:不明
車体:ローザ
車体メーカー:MFBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:TPG-BG640G(15年式[推定])
備考:自家用

2016バステックフォーラムで撮影した、三菱ふそうローザ4WDです。2015年11月に発表となり、4年ぶりに復活を果たした四輪駆動のマイクロバスです。試乗デモカーとして会場内を走っていました。車体には[復活!! ROSA 4WD]と書かれたマグネットが貼り付けありました。