2017年02月の記事 (1/2)

京都市交通局 6669

IMG_2431-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都22か6669
車体:B-II(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KC-UA460HAN(99年式)

26号系統で運用していた、梅津JRの1999年式96MCワンステップです。
98年度に3台導入された日デのリフト車で、他と同様リフト機構を設置する関係で視野拡大窓が設けられないためB-IIを選択しています。
前年度のMPリフトは屋根上コンデンサーでしたが、この年はビルトインになっており、屋根上機器で識別が可能です。

京都市交通局 867

IMG_2421-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か867
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280N1改(05年式)

205号系統で運用していた、九条直営の2005年式エルガノンステップです。
2000年度以降しばらく導入の途絶えていたV8ノンステで、スロープが手動引出式から可搬式へ変更されている他側面方向幕の位置が下から上に移っているなど、微妙に仕様が変更されています。

京都市交通局 902

IMG_2416-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か902
車体:ブルーリボンシティ
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KL-HU2PMEE(05年式)

206号系統で運用していた、烏丸の2005年式ブルーリボンシティです。
ナンバープレートの裏に設置されているメインを視野拡大窓横に移設した特注仕様で、視野拡大窓が半分閉鎖されています。

京都市交通局 1534

IMG_2413-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か1534
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PJ-KV234N1(07年式)

5号系統で運用していた、九条京阪の2007年式96MCです。

京都市交通局 685

IMG_2411-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か685
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV834L1(04年式)

205号系統で運用していた、九条直営の2004年式エルガです。

京都市交通局 717

IMG_2404-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か717
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV834L1(04年式)

26号系統で運用していた、梅津JRの2004年式エルガです。

京都市交通局 1512

IMG_2390-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か1512
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PJ-KV234N1(07年式)

26号系統で運用していた、梅津JRの2007年式96MCです。

京都市交通局 1795

IMG_2387-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か1795
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PDG-LV234L2(08年式)

206号系統で運用していた、烏丸の2008年式96MCです。
オートマのいすゞワンステで、07年度は8台すべて烏丸に投入されました。

京都市交通局 2029

IMG_2383-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か2029
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:PDG-RA273MAN(09年式)

5号系統で運用していた、九条京阪の2009年式96MCです。

京都市交通局 323

IMG_2373-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か323
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KL-MP37JK(02年式)

206号系統で運用していた、烏丸の2002年式96MCです。
01年度に7台購入されたMPノンステで、画像のクルマは洛西(洛西阪急)に投入されました。その後13年度に同じく洛西の327とともに烏丸へ転属し、同型車はすべて烏丸に集約されました。

京都市交通局 1970

IMG_2370-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か1970
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PDG-LV234L2(09年式)

206号系統で運用していた、烏丸の2009年式96MCです。
前年度に続き、烏丸に8台投入されたいすゞワンステです。

京都市交通局 537

IMG_2334-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か537
車体:エアロスター
車体メーカー:MBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KL-MP37JK改(03年式)

13号系統で運用していた、横大路阪急の2003年式エアロスターです。
02年度に3台購入されたCNG車で、以降03年度を除いて06年度までCNG車はふそうとなりました。04年度車からはクーラーがデンソーの小型パッケージに変更されているため、この形態は02年度車のみの特徴となっています。

京都市交通局 6668

IMG_2330-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都22か6668
車体:B-II(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KC-UA460HAN(99年式)

26号系統で運用していた、梅津JRの1999年式96MCです。
前ドアにリフトを備えたワンステで、前中扉に変更されています。 リフト機構を搭載する関係で視野拡大窓が設置できないためB-IIを選択しています。

京都市交通局 338

IMG_2322-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か338
車体:ブルーリボンシティ
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KL-HU2PMEE(02年式)

46号系統で運用していた、西賀茂の2002年式ブルーリボンシティノンステップです。

京都市交通局 2072

IMG_2295-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か2072
車体:エルガ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PDG-LV234N1改(09年式)

26号系統で運用していた、梅津JRの2009年式エルガです。
08年度に3台購入されたCNG車で、当然ながらJBUSボディです。 市バスではこの年を最後にCNG車の導入は行われていません。

京都市交通局 936

IMG_2275-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か936
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280N1(05年式)

205号系統で運用していた、九条直営の2005年式96MCです。
KL-LVのN尺ノンステの西工架装は全国的に見ると少数派にあたります。

京都市交通局 324

IMG_2252-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か324
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KL-MP37JK(02年式)

206号系統で運用していた、烏丸の2002年式96MCです。
02年度購入車で、純正に合わせた前置きクーラーになっています。クーラーはデンソーを選択

京都市交通局 6259

IMG_2243-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都22か6259
車体:キュービック
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KC-LV280L(95年式)

26号系統で運用していた、梅津JRの1995年式キュービックです。

西鉄バス佐賀 7110

IMG_9581-001_R_R.jpg
IMG_9569-001_R_R.jpg
撮影:2016年11月
登録ナンパー:佐賀200か939
車体:B-II(58MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KC-HT2MMCA(96年式)

九年庵シャトルで運用していた、佐賀本社の1996年式58MCです。
バルーンフェスタと九年庵の臨時増発用で西日本鉄道から貸出されたクルマで所属表記は吉塚のままでした。
2016年の貸出車は1000 1002 7005 7109 7110の5台でした。

京都市交通局 1466

IMG_2241-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か1466
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PJ-KV234N1(07年式)

5号系統で運用していた、九条京阪の2007年式96MCです。

西鉄バス佐賀 7109

IMG_9573-001_R_R.jpg
IMG_9551-001_R_R.jpg
撮影:2016年11月
登録ナンパー:佐賀200か948
車体:B-II(58MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KC-HT2MMCA(96年式)

九年庵シャトルで運用していた、佐賀本社の1996年式58MCです。
バルーンフェスタと九年庵の臨時増発用で西日本鉄道から貸出されたクルマで、所属表記は吉塚でした。

京都市交通局 1515

IMG_2230-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か1515
車体:ブルーリボンII
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PJ-KV234N1(07年式)

73号系統で運用していた、洛西近鉄の2007年式日野ブルーリボンIIです。

西鉄バス佐賀 7005

IMG_9555-001_R_R.jpg
IMG_9540-001_R_R.jpg
撮影:2016年11月
登録ナンパー:佐賀200か936
車体:B-II(58MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:U-HT2MMAA(95年式)

九年庵シャトルで運用していた、佐賀本社の1995年式58MCです。
バルーンフェスタと九年庵シャトルの増発用として西日本鉄道から貸出されたもので、数年前から教習所で教習車として使われてました。
増発用の一時的な貸切ということでナンバーは佐賀ナンバーとなっていますが、所属表記は○雑のままでした。

同車の営業復帰によって消滅していたU-HTの営業車が期間限定の復活を果たし、数週間前にその情報をキャッチしたため急遽撮影に出かけたものでした。

京都市交通局 1464

IMG_2214-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:福岡200か102
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PJ-KV234N1(07年式)

5号系統で運用していた、九条京阪の2007年式96MCです。
06年度はLVとKVが混ざっているので注意が必要ですね。

西鉄バス佐賀 9500

IMG_9545-001_R_R.jpg
IMG_9578-001_R_R.jpg
撮影:2016年11月
登録ナンパー:佐賀200か752
車体:B-II(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:PKG-RA274MAN(06年式)

九年庵シャトルで運用していた、佐賀本社の2006年式96MCです。

京都市交通局 699

IMG_2211-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か699
車体:ブルーリボンシティ
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KL-HU2PMEE(04年式)

205号系統で運用していた、梅津直営の2004年式ブルーリボンシティノンステップです。
02年度購入車とは違い視野拡大窓を半分閉鎖し、メインスイッチを車体に移設しています。

昭和自動車 782

IMG_9533-001_R.jpg
撮影:2016年11月
登録ナンパー:福岡200か782
車体:日産中型
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-JP252LSN(00年式)
備考:元サンプルカー

路線で運用していた、福岡営業所の2000年式日産中型です。
シャシ番が2の元サンプルカーで、型式からもお分かりの通りL尺板バネのワンステです。 1番窓に方向幕窓かも受けてありますが、LED化のときに廃止されたようです。

京都市交通局 1396

IMG_2206-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か1396
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PJ-LV234N1(07年式)

205号系統で運用していた、九条直営の2007年式96MCです。

西日本鉄道 7159

IMG_9497-001_R_20170201131427275.jpg
撮影:2016年11月
登録ナンパー:福岡22か5807
車体:B-II(58MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KC-HT2MMCA(96年式)

路線で運用していた、桧原営業所の1996年式58MCです。

京都市交通局 700

IMG_2200-001_R.jpg
撮影:2017年1月
登録ナンパー:京都200か700
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA272KAM(04年式)

206号系統で運用していた、烏丸の2004年式96MCノンステップです。
03年度購入車で、前年の02年度購入車とは細部が異なっています。 リア側は撮影できませんでしたが、西工側の設計変更でルーバーの形状がUA452などと同じく田の形をしたものに変更されている他、デンソークーラーが新型のパッケージに変更されています。
また、コストカットのためコーナーリングランプと助手席側アンダーミラーを省略していましたが、復活しています。