2017年05月の記事 (1/1)

広島交通 893-42

IMG_4184-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島200か2213
車体:B-II(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452KAN改(04年式)
備考:元東急バス

路線で運用していた、大林営業所の2004年式96MCです。 特徴的なバンパーからおおよそ東急バスであることがわかります。
ノンステップバス 表記をバンパーに入れるため、ナンバーを下にズラしたタイプで東急バスや尼崎市交通局などで採用されています。 ただ移籍先では有効活用されない例が多く、ただ謎のスペースができているだけとなり「ダサい!」といった印象を受けます。

クーラーはデンソー、中扉の下に手動引出式スロープを備えています。車外スピーカーは撤去された模様。

広島交通 728-61

IMG_4171-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島22く4174
車体:B-II(58MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:KC-MP617P(96年式)

回送中だった勝木営業所の1996年式58MCです。
ゼクセルクーラーを搭載した長尺四折で、ここまで来ると流石に長いと感じます。 ヘッドライトのロー側がLED化されているようでリフレクターが交換されています。

広島電鉄 14751

IMG_4161-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島200か1525
車体:ブルーリボンII
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:LKG-KV234N3(12年式)

回送中だった広島南営業課の2012年式日野ブルーリボンIIです。

広島電鉄 14627

IMG_4158-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島200か187
車体:ブルーリボン
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KC-HU2MLCA(00年式)

回送中だった、広島西営業課の2000年式ブルーリボンワンステップです。

中国JRバス 534-5960

IMG_4151-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島22く4045
車体:エアロスターM
車体メーカー:三菱自工
シャーシメーカー:三菱
型式:U-MP618M改(95年式)

路線で運用していた、広島支店の1995年式エアロスターMです。

広島交通 900-73

IMG_4147-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島200か2235
車体:エルガ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QPG-LV290Q1(17年式)

路線で運用していた、緑井営業所の2017年式エルガです。
広電 広島バスとは異なり右タンクを採用しているのが特徴です。

広島電鉄 14838

IMG_4140-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島200か1692
車体:ブルーリボンII
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QKG-KV234N3(13年式)

回送中だった、広島南営業課の2013年式日野ブルーリボンIIです。

広島バス 190

IMG_4134-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島200か2103
車体:エルガ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QDG-LV290N1(15年式)

路線で運用していた、小河原営業所の2015年式エルガです。
フロントとリアにISUZUのロゴがあるので、いすゞか日野か迷うことはありません。

広島電鉄 24917

IMG_4127-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島200か2114
車体:ブルーリボン
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QPG-KV290Q1(16年式)

路線で運用していた、西風新都営業課の2016年式日野ブルーリボンです。
ご丁寧にHINOのロゴが入っており、外から識別可能です。

広島交通 681-22

IMG_4123-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島22く3735
車体:B-II(58MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:U-UA440NAN(92年式)

路線で運用していた、大林営業所の1992年式58MCです。
標準窓メトロでサブクーラーを採用しています。

中国JRバス 534-4954

IMG_4109-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島22く3960
車体:エアロスターM
車体メーカー:三菱自工
シャーシメーカー:三菱
型式:U-MP218M(94年式)

路線で運用していた、広島支店の1994年式エアロスターMです。

広島交通 814-75

IMG_4108-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島200か1343
車体:17型E(7E)
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KC-UA460LSN(97年式)
備考:元新京成バス

路線で運用していた、高陽営業所の1997年式7Eです。

広島交通 690-32

IMG_4004-001_R.jpg
撮影:2017年4月
登録ナンパー:広島22く3779
車体:日産中型
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:U-JM210ESN(93年式)

勝木営業所で撮影させていただいた、緑井営業所の1993年式日産中型です。
当初スクール用として登場した同型車は一部このように乗合へ転用されており、勝木と緑井に配置されています。
最拡大のブロンズサッシ2段窓で、中扉は折戸。 E尺の板バネとかなり珍しい仕様です。

西武バス 1173

IMG_9488-001_R.jpg
IMG_9495-001_R.jpg
撮影:2016年4月
登録ナンパー:練馬200か3081
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280N1(01年式)
備考:元西武総合企画

貸切で撮影させて頂いた、上石神井営業所の2001年式エルガです。
2015年末に貸切車として突如登場した笹カラーのトップドアエルガで、記憶が正しければ練馬・上石神井・滝山に計3台が配置されました。
元は西武総合企画のスクール用で投入されたクルマで、専用のカラーリングを纏っていましたが移籍の際に西武バスの色に変更され、ご丁寧にホイールまできっちり塗られています。 企画からの移籍車なのでギアはロッドでフィンガーではありません。

車体表記がなぜか黒文字になっており、リアにはガラスにも車番が貼られています。 行灯は嵌め殺しで、路線バスの車体にかかれている西武の文字と同じフォントで[西 武]と入っているのがポイント。

このときの貸切が移籍後初の運行だったようですが、その後運用に出たことはあるのでしょうか。。。

神奈川中央交通 た510

IMG_3798-001_R.jpg
IMG_3816-001_R_20170425235507f4d.jpg
撮影:2017年3月
登録ナンパー:多摩200か1894
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KL-UA452MAN(04年式)

多摩営業所で撮影させて頂いた、2004年式96MCです。
2004年秦野に2台導入された最初の西工で、は43→は043→ひ118→い91→い505→た510と秦野 平塚 伊勢原と渡り5回改番されています。

神奈中の特徴である運賃支払表示窓と乗降表示窓はしっかり継承されているものの、張り出した大型バンパーにはならず足踏み板もついていません。 運賃支払表示と干渉すると判断されたのか、ターンシグナルがバンパーに取り付けられており、京都市内のような感じになっていますが、後に導入されたADG-以降では車体に戻っています。 この仕様は合計で4台投入されていますが、前面に社紋のプレートをつけたものは現在の[た510][ま501]2台だけで残りの2台はKanachuのロゴが貼り付けられています。

東急バス AO1526

IMG_3771-001_R.jpg
撮影:2017年3月
登録ナンパー:横浜200か4207
車体:ブルーリボンII
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:QDG-KV234Q3(15年式)

知人主催の貸切で撮影させて頂いた、青葉台営業所の2015年式日野ブルーリボンIIです。
標準床ツーステで床下にトランクを2スパン確保しています。 1番窓に表示機を設置した関係で窓の大きさが中途半端になり、二番窓がへんなことになっています。