2017年08月の記事 (1/1)

京都市交通局 73(京都200か73)

IMG_6623-001_R.jpg
撮影:2017年6月
登録ナンパー:京都200か73
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KC-LV832L(00年式)

回送中だった九条京阪の2000年式96MCです。
極めて稀少なLV832架装の96MCは京都市交通局の他に大阪市交通局で採用例があるのみです。 中でもL尺は京都市交通局の3台の他に納入例がなく、希少種の中の希少種です。
電動スロープを前扉に備えており、前扉の靴擦りがゴツいのが印象的です。

熊本バス 熊本22か2379

IMG_4935-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本22か2379
車体:ブルーリボン
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:P-HT233BA(90年式)

路線で運用していた、甲佐営業所の1990年式ブルーリボンです。
執筆時点で同社最後の純正P-HTとなっています。

東京空港交通 831(品川200か1103)

IMG_6438-001_R.jpg
撮影:2017年6月
登録ナンパー:品川200か1103
車体:日産中型
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KK-RM252GAN(04年式)

クルーバスで運用していた、羽田空港運行事業所の2004年式日産中型です。
後にも先にもこのクルマだけがなぜか引戸で導入されています。 車内レイアウトは他車同様左方だけロングシートです。
座席もなぜかこのクルマだけがハイバックシートになっています。

熊本都市バス 熊本200か465

IMG_4925-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本200か465
車体:R17型E(7E)
車体メーカー:富士重工
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:U-UA440LSN(94年式)
備考:元西武バス

路線で運用していた、小峯営業所の1994年式7Eです。
西武バスからの移籍車で、ご覧の通り3扉車だったものを後ろ扉だけ閉鎖して前中扉車として運用されています。 扉自体は撤去されていないため、窓は扉をそのまま流用しています。
西武時代の車番はA4-181[練馬22か6529]です。

東京空港交通 832(品川200か1068)

IMG_6420-001_R.jpg
撮影:2017年6月
登録ナンパー:品川200か1068
車体:日産中型
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KK-RM252GAN(04年式)

クルーバスで運用していた羽田空港運行事業所の2004年式日産中型です。
小型のLED表示機もさる事ながら、側面窓T字中四折は珍しい仕様選択です。車内は立席確保のためか左側のみロングシートの二方レイアウトになります。

九州産交バス 熊本200か271

IMG_4922-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本200か271
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280N1(03年式)

路線で運用していた熊本営業所の2003年式96MCです。
産交のKL-LVとしては最後のグループになります。 KL-LVはバンパーの色が黒から青に変わった事以外基本的な仕様は最後まで同じになります。

東京空港交通 837(品川200か2089)

IMG_6388-001_R.jpg
撮影:2017年6月
登録ナンパー:品川200か2089
車体:エアロスター
車体メーカー:MFBM
シャーシメーカー:三菱ふそう
型式:PKG-MP35UM(08年式)

クルーバスで運用していた、羽田空港運行事業所の2008年式エアロスターです。
西工がLED表示機であるのに対しこちらは側面表示機無しの固定表示となっています。大型なので車内スペースに余裕があるためか座席レイアウトは都市型で、こちらも西工とは異なる仕様選択になっています。

九州産交バス 熊本200か43

IMG_4917-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本200か43
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KC-HU2MMCA(99年式)

路線で運用していた、木山営業所の1999年式96MCです。
産交としては最初の日野シャーシ96MCで、ワンステになっています。 KC-HUの96MCはこれ1台のみとなりました。

東京空港交通 830(品川200か1886)

IMG_6379-001_R.jpg
撮影:2017年6月
登録ナンパー:品川200か1886
車体:F(07MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:PDG-AR820HAN(08年式)

クルー輸送で運用していた、羽田空港運行事業所の2008年式07MCです。
年式違いで2台が購入されていますが、どちらもふそうブランドのエアロミディSになります。 車内は三方シートと見せかけて実は違い、左側の一部だけがロングシートになっています。 これはKK-RMでも同様のレイアウトです。

熊本電気鉄道 熊本200か1233

IMG_4913-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本200か1233
車体:日産中型
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:KK-RM252GAN(01年式)
備考:元関東バス338

路線で運用していた、2001年式西工SRです。
関東バスからの移籍車で元番号はE338[練馬200か344]とのこと。

西武バス 1601(所沢200か1814)

IMG_6225-001_R.jpg
撮影:2017年6月
登録ナンパー:所沢200か1814
車体:B(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:PB-RM360GAN(06年式)

競輪輸送で運用していた、所沢営業所の2006年式96MCです。
元はA6-153で立川営業所[多摩200か1395]に配置されていました。 2016年7月に所沢営業所へ転属となり、同時に1601へと改番され貸切登録へと変更されました。 転属により1306が代替され秋田中央へ移籍しています。

九州産交バス 熊本200か588

IMG_4905-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本200か588
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:PKG-KV234N2(08年式)

路線で運用していた、松橋営業所の2008年式96MCです。
PKG-のJBUSシャーシで左後方に細長い長方形のルーバーが特徴です。 シャーシはKVで、フロントとリアにHINOのステッカーが貼ってあることから調べずとも日野と分かる親切設計になっています。

西武バス 1501(所沢200か1947)

IMG_6220-001_R.jpg
撮影:2017年6月
登録ナンパー:所沢200か1947
車体:B(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:PB-RM360GAN改(05年式)

競輪輸送で運用していた、所沢営業所の2005年式96MCです。
元はA5-60で、新製配置は所沢[所沢200か857]です。
その後新座へ転属し2011年に練馬営業所へ転属[練馬200か2558]となりました。 更にその後2013年に小平営業所へ転属し1501へ改番され、[多摩200か2596]に登録変更。多摩川競艇の輸送用として活躍しましたが、京王自動車へと変わったため用途廃止に。その後2015年に所沢営業所へ転属し再び所沢ナンバーとなりました。

熊本電気鉄道 熊本200か1265

IMG_4892-001_R_20170719152721550.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本200か1265
車体:ブルーリボンシティ
車体メーカー:日野車体工業
シャーシメーカー:日野自動車
型式:KL-HU2PLEA(02年式)
備考:元京浜急行バス4275

路線で運用していた、2002年式ブルーリボンシティです。
京浜急行バスからの移籍車で、元番号はNB4275[横浜200か955]のようです。

西武バス 1646(所沢200か1347)

IMG_6214-001_R.jpg
撮影:2017年6月
登録ナンパー:所沢200か1347
車体:ガーラミオ
車体メーカー:JBUS
シャーシメーカー:日野自動車
型式:PB-RR7JJAJ(06年式)

競輪輸送で運用していた、所沢営業所の2006年式いすゞガーラミオです。
西武バスでは初めてのガーラミオ貸切車として導入されました。 2台在籍しています。

九州産交バス 熊本22か3094

IMG_4884-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本22か3094
車体:キュービック
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KC-LV280N(96年式)

路線で運用していた、山鹿営業所の1996年式キュービックです。

丸健自動車 大宮230い500

IMG_5972-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:大宮230い500
車体:F(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:PB-RM360HAN(04年式)

貸切で運用していた、2004年式96MCです。
PB-RMとしては4台目 F型としては2台目の製造となる同車はF型にしては珍しく純粋な貸切車として運用されています。

熊本電鉄 熊本22か2747

IMG_4877-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:熊本22か2747
車体:B-I(58MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:U-LV224M(93年式)

北5系統で運用していた、1993年式58MCです。
今となっては貴重な存在となったメッキバンパーを装備するクルマです。
側面窓は標準窓二段で、中扉が若干前よりになっています。 これは熊本のバスでは標準的な仕様となっており、このあたりの世代では基本的に前寄りになっています。
クーラーはデンソー製を装備。

国際興業バス 6174(大宮200か1151)

IMG_5860-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:大宮200か1151
車体:エルガ
車体メーカー:IBUS
シャーシメーカー:いすゞ自動車
型式:KL-LV280L1(04年式)

特定輸送で運用していた、さいたま東営業所の2004年式エルガです。

西鉄バス筑豊 9411(筑豊200か399)

IMG_4834-001_R.jpg
撮影:2017年5月
登録ナンパー:筑豊200か399
車体:B-I(96MC)
車体メーカー:西日本車体工業
シャーシメーカー:日産ディーゼル
型式:ADG-RA273TAN(2006年式)

急行バスで運用していた、田川営業所の2006年式96MCです。
いわゆるB高速で床下にトランクを設けています。