学校送迎の前後ドアエルガ

生徒送迎や部活動遠征用などで私立の学校が自家用バスを持っているケースはよくありますが、自家用故にカタログ仕様など一般的な仕様であることが多いものと思います。そんな中、こだわりを感じられるクルマを導入しているところも当然有るわけで、そんなこだわりの一品に惹かれ撮影に出かけることも少なくありません。

今回は関東中部に位置する私立学校が所有する前後ドアのエルガを紹介していきます。
IMG_2939-001_R.jpg
▲KL-LV280N1+IBUSエルガ
最初はKL-規制のエルガです。 KL-LVの前後ドアは緑ナンバーでも伊丹市営や中日臨海 日本交通などで実績がありますが、それらは後ろ扉が引戸になっており、KL-LVで後ろ扉が折戸になっているものはむしろ珍しいものだと思います。
入口出口の決まりは特になさそうですが、後ろ扉の前にスピーカーを1つ設けています。 後ろ扉直前の窓が逆Tになっていること以外は日本交通のCNG車や中日臨海バスに在籍していたクルマとほぼ同一の窓配置になっています。
もしかして?と思い一応確認しましたが流石にエアサスです。 購入時期は不明で2台存在。

IMG_2947-001_R.jpg
▲PJ-LV234N1改+JBUSエルガ
お次はPJ-規制です。 PJ-前後ドアは日野KVで中日臨海バスが一定数導入している他エムケイ観光の大学送迎用や、ベストロジの企業輸送用などでも見かけることができますが、LVだと少数派です。

IMG_2928-001_R.jpg
▲PKG-LV234N2改+JBUSエルガ
最後はPKG-規制です。 ここまで来ると流石にレアモノになります。筆者の知る限りベストロジの企業送迎用以外は導入事例がないのではないでしょうか。 PJ-LVから仕様の変更はなく、公式側にルーバーができた程度の差しかありません。 座席にカバーがかけてありますが、これは仕様の差といえるのか微妙なところでしょう。 1台存在。

この学校のバスは全部で6台ですが、残りの2台は7E-LVの前後ドアと前中折戸の2台です。 これらは一応検索すると出てくるのを確認していますが、いつもどおり学校名の分かる車体表記は消しています。

今後も定期更新の傍ら自家用バスを取り上げた記事を出していくつもりです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック